« 異種交流戦 | トップページ | 加工の精度 »

2010年9月25日 (土)

MADE IN ITALY

洗面化粧台です。

最近はボウルを埋め込むタイプよりも天板の上にのせるタイプが流行りのような

気がしますが、今回はこんな感じのモノです。

Photo_4

この洗面器、イタリアのデザイナーモノですがそのお値段なんと、25万円!!

水栓や配管パーツをあわせると37万円という驚きのお値段。

もちろん、家具の金額は含まれていません。


貧乏性の僕としては、37万円あったらPC買い換えて、カメラのレンズ買って…と

いろいろ考えてしまいます。 

イタリア製とはいえ、高すぎる金額設定だと思いませんか?


この洗面台、床から浮かせて設置する予定なのですが、作ってみたら

意外と重い…。

このように奥行が深い家具を浮かせて設置する場合、重みに耐えられずに

家具がゆがんでしまうことがあります。見て分かるほどではないのですが

あとあと扉がかじったりする可能性が…。

設置するときは、水平&垂直に取付けますがお客さんがどんなモノを入れるか

分からない状態では不安です。


そこで、図面上は存在しない脚を作ってみました。

100925_162801_2

家具の下面には、後からでも取付できるようにメスネジを埋め込み。

脚の上部には、オスネジが埋め込んであります。


Sn3g0065_2


脚なんてないほうがスッキリしてカッコイイのは解かってるんですが

道具としての家具、強度もデザインと同じくらい重要なんです。


取付当日、壁の強度と設置してみての雰囲気 そして設計士さんの

意見を検討の上での決定になります。

脚なしでもイケるかなぁ…。


ちなみに、引き出しはこんな感じで給排水の配管を逃げています。

100925_180201_2

イタリアといえば………。 全盛期に生で聴きたかったなぁ。

いつも手にしてるハンカチ、汗拭き&アガリ症対策だったんですよね。

あんなに大物なのに、アガリ症だなんて…。


« 異種交流戦 | トップページ | 加工の精度 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ