« TV台 | トップページ | 事務所の配置替え »

2011年5月22日 (日)

雲杉の建具

玄関建具を製作するにあたって、今回初めて雲杉を使ってみました。


P1010013_4


「くもすぎ」とか「うんすぎ」とか呼んでいますが、スギ科ではなくマツ科なのが

不思議なところです。チベットのほうで切り出されてるそうです。

削ってみた感じ ほぼスプルース。 


Photo


赤松、米松、スプルースなどなど松系の木材はたくさんあり

見た目では違いがよく分からなかったりします。

削ってみると、匂いとかヤニの有無で判断できるのですが…。



今回、玄関建具ということで耐水性を重視しウォータープルーフの

「タイトボンド Ⅲ」を初めて使用してみました。


Photo_2


アメリカのボンドで、屋外用としても使えるとの事だったので

使用したのですが…。


硬化まで8分しかないので とにかく忙しい。

塗布→組立→反りやねじれを気にしつつクランプで締込み→はみ出た

ボンドを掃除 


8分ってあっという間です。 今回は単純な框組だったのでよかったのですが

複雑な作りの時には時間が足りないと思われます。

時間に追われるのは精神的にキツイです…。

そのかわり30分で完全硬化するとの事なので、作業効率は上がります。

接着強度も最強の部類に入るらしいので、ディケイドのレギュラー

メンバーに登録されました。


« TV台 | トップページ | 事務所の配置替え »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ