« 欅のテレビ台 | トップページ | ケヤキの家具 第二弾 »

2012年6月27日 (水)

詐欺商法

たまにかかってくる営業電話。
そのほとんどはネット関係の広告やHP製作業者だったりして
用件を聞く前に切ってしまうのですが、先日明らかに詐欺まがいの電話が。

「東京電力ですけど、今度法律が変りまして、動力の契約内容を見直すため
検査が義務付けられました。明日にでも検査に伺いたいのですが…。」との事。
面倒臭いなぁと思いつつ、「忙しくて機械止める事出来ないから、後日にして
欲しい。」と言うと、なぜか「明日じゃなきゃダメ。」とか「夜でもいいから…。」と
執拗に食い下がる。

話をするのが面倒になり「来るなら、その1時間前に電話して。」と言って
とりあえず電話を切ったのですが、東電がこんな強引に検査するものかと
疑問に思い、着信記録を見ると番号非通知でかけてきてることが判明。

まともな会社が非通知で電話をかけてくるか?と疑いつつ、昨今の東電の
状況を考えるとイタ電対策も考えられるし…と、いろいろ考えつつ
同業の友人に聞いてみると「おそらく電子ブレーカーの営業だから、無視して
大丈夫だよ。」との回答。
その後、ネットで調べると同様の手口で営業に押しかけてきて、強引に
契約させられてしまう人もいるようです。
なぜかクーリングオフも出来ない契約内容になっているとか…。
翌日、東電のカスタマーセンターに問い合わせるとやはり「全く関係ないので
断ってください。」との回答だったので、詐欺確定です。

それにしても、多少強引な営業は許せるけど東京電力の名前を語って
検査が法律で義務付けられているなんて、堂々と嘘をつくやり方が
頭にくると共に、毎日こんな電話をかけている社員はどんな気持で
働いてるんだろう??と不思議に思います。
嘘をつくのが仕事だなんて、自分の家族に言えるのかなぁ…。

さてさて、詐欺まがいの商法って事が確定したところで、どんなヤツがどんな手法で
攻めてくるのか興味があるので、検査に来るのを待ち構えているのですが
その後なんの音沙汰もなく、自然消滅状態です。
色々ツッコんで相手の反応を探りたいのに…(笑)。



« 欅のテレビ台 | トップページ | ケヤキの家具 第二弾 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ