« 寝不足の日々 | トップページ | 詐欺商法 »

2012年6月26日 (火)

欅のテレビ台

知り合いのデザイン事務所から「もらった材木が大量にあるんだけど、
有効利用できないか?」との連絡を受け、見に行ってみると板割りされた
ケヤキ材でした。
どれも反り、節、虫食いがあり、板材としての商品価値は低いものの
せっかくのケヤキ材をゴミにしてしまうのはもったいないので、使える材で
家具を作ることに。

とりあえずの第一弾として、テレビ台を製作しました。

Photo_2

ケヤキを使うことは滅多になく、約10年ぶりだったのですが
「こんなに堅かったっけ??」と思うほどの堅さで、製材するまでに一苦労。
…というか、作業全体の90%が製材作業となりました。

ケヤキの家具っていうと、民芸調になってしまう恐れがあったのですが
白太も含めた耳付きにして、節もそのまま生かしたことでイイ感じに仕上がりました。

Photo_3

普段は部屋や収納するものを基準に図面をひき、それに寸分違わないように
家具を作っていくのですが、今回は材料の形や大きさを最優先にして
図面もひかずに、成すがままに作るという工程がなかなか新鮮でした。

第二弾は、もう少し大きいテレビ台と天井までの間仕切り収納の予定です。

« 寝不足の日々 | トップページ | 詐欺商法 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ