« ハードな工程 | トップページ | 天然素材の落とし穴 »

2013年7月 7日 (日)

水引き

家具を塗装する際に水で濡らして傷やボンドの拭き忘れをチェックします。

Cimg1314

乾いている状態では傷など全く見えないのですが、濡らしてみると
傷がある場合はクッキリと浮き出てきます。
ペーパーで修正できる浅い傷ならばいいのですが、深い傷を
発見した場合は作りなおしという最悪の事態になるので
塗装前の最終チェックはちょっとドキドキします。

実は先日、急ぎの仕事で塗装仕上げの家具があったのですが
水引きをしないで塗装屋さんに出し、仕上がり品を引き取りに
行ったところ、木目と垂直方向にガッツリと傷が入っていて
泣く泣く作り直ししたという悲劇がありました。

仕上げ塗装する前に連絡くれればいいのに…と思いつつも
自分の責任なので仕方ないと納得。
塗装屋さんも気を遣ってくれて、塗り直しは無料&急ぎで
やってくれたので納期的には問題なかったのですが…。

本当は塗装まで自分の工場でやれるのが理想なんですが
スペース&近隣への臭気問題で難しい状況だったりします。

« ハードな工程 | トップページ | 天然素材の落とし穴 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ