« 納品完了 | トップページ | 日立 VS マキタ »

2013年12月13日 (金)

接着剤に泣く…

ダメージ加工したクリ材をランダム貼りした建具です。

Photo



金物もアンティーク風の輸入品を使い、イイ感じに仕上がりました。

Photo_2



この扉は合板下地に8ミリ厚のクリ材を貼り付けてあるのですが、
反らずに製作する為にどんな接着剤を使ったらいいのか?

悩みまくった挙句に、フローリング用のボンドで接着。


「うまくいった~」と思いつつ、一日放置してみるとピッタリ貼り付けたはずの
クリ材が全て反りまくり…(泣)。
あまりのショックにフラフラしつつ、なんとか修正を試みるも全く効果なし。

再製作の決定です。

ダメージを少しでも減らそうと、下地だけでも再利用できないものか
反ってしまったクリ材をはがそうとしても、哀しいくらい強力に接着されて
おり下地もボロボロ。
片面剥がした段階で諦めました。

Photo_3

結局全ての材料がゴミになり、赤字決定です。

また失敗したら精神的にキツイなぁ~とビクビクしつつ、クリ材の裏側に
反り防止の溝加工の上、速乾ボンドとシリコンボンドを併用してやっと
うまくいきました。

「ボンドと反りの関係」…、永遠のテーマです。



« 納品完了 | トップページ | 日立 VS マキタ »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ