« 偶然ですが | トップページ | 現場施工 »

2014年2月28日 (金)

修復仕事

毎年この時期になると舞い込んでくるのが学生寮の家具修繕。

今回はベッド3台の修理。

パネルを組み立てる構造のベッドなのですが…

Cimg1531

パーティクルボードというやっすい材料を使っているため、思いっきり割れてます。
カラーボックスやニトリ系の家具に使われている材料です。

木材チップを圧縮した材料なので、釘やビスを打つと割れ易くなるのは当然
なのですが、そんな事全く考慮せずに作られた安物の典型です。

作り手の考え方としては、「後々壊れてクレームになったら面倒なので、多少
高くても安心な材料で作ろう」となるのですが、大量生産品だとこうなっちゃう
のでしょうか…。

修復は不可能なので、全く同じ寸法&加工で新しいパーツを再製作。

Cimg1533

特に指定は無かったけど、従来品に比べて材料も構造もグレードアップして
おきました。




« 偶然ですが | トップページ | 現場施工 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ