« ラボーナ | トップページ | SUS問題の顛末 »

2014年6月22日 (日)

やる気がゼロになる瞬間

ステンレスを使った手洗い台を作っているのですが、お客さんからの
支給品としてステンレス板が本日到着。

木枠の中にステンレス板を落としこんでいくので、結構シビアな加工が
要求されます。加工寸法を指定したのですが、0.5㎜程度の誤差は付き物なので
加工されたステンレスに合わせて木材を加工したほうがより綺麗に仕上がると
思い、製作の手を止めていました。

宅配業者から渡されたヨレヨレの梱包を見た瞬間から嫌な予感していたのですが
中から謎の物体が…。
「えっ、これが商品??」って本気で疑う、ゴミみたいなステンレスが登場(泣)。

これまでの経験上、梱包が雑な業者は仕事も雑なんですよね。
丁寧な仕事をしたら商品が傷つくことを恐れて、過剰なまでの養生をするのが
職人の心理だと思います。

Img_0051

ヘアラインは歪んでるし、指定寸法より3ミリもデカイ。
穴あけは断面がギザギザ。おまけに全面傷だらけ(泣)。
今まで見た中で、ダントツ最下位の仕事レベルです。

すぐに発注したお客さんに問い合わせると、ヘアラインで指定したものを
業者さんが間違えて、鏡面で製作→急遽ヘアラインに研磨し直したらしい。

お客さんと業者さんのやり取りや金額的な事がわからないので、一概には
言えませんが、ウチが頼んでいるステン屋さんだったら、…というか一般的な
職人だったら恥ずかしくて出荷出来ないレベルです。

お金や納期以前の問題で、プロとしてのプライドというか、責任感というか
羞恥心というか…、全てが欠落した結果がこの製品に集約されています。

あいにく今日は日曜日ということで、なんの対処も出来ないまま作業中断。
どちらにしても再製作か再研磨をしないとどうにもならないのですが、火曜日には
現場に納めなくてはならない状況。
しかしながら、このゴミみたいなステンをウチの家具に使うなんて考えられないので
明日、ウチのステン屋さんに頼み込んで急ぎで再加工してもらうしか道は
なさそうです。

最初からウチの業者さんに頼んでおけば、こんな事にならなかったのに…。
せっかく休日出勤したのに、テンションガタ落ち&やる気ゼロです(泣)。

どんな業者が作ったのかわかりませんが、素人でも到底納得できないような
製品を出荷する神経、全く理解できません。落胆や怒りを超越して悲しくなって
きます。 


それにしても、日本代表の試合ってなんであんなにツマラナイんでしょうか?
他の国の熱い戦いを観ていると、これ以上日本を応援する気になりません。
今朝のガーナも、ドイツ相手に必死に戦っていてちょっと涙出ました。

こうなったらチリとメヒコを応援していくしかないかなぁ。


« ラボーナ | トップページ | SUS問題の顛末 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ