« 黒い家具 | トップページ | スニーカーの寿命 »

2014年7月 4日 (金)

呪われた?手洗い台

先日、ステンレスの仕上がり問題でひと悶着あった手洗い台ですが、家具を
設置後に板金屋さんが現場でステンを貼り付けるという事で家具工事は
終了していました。

…が、諸般の事情からウチでステンを用意して、現場施工までする事に。
もう板金屋の失策のお陰で振り回されまくりです(泣)。

板金屋がキレイに貼ってくれるようにと、施工のコツとかをメッセージにまで
残したのに。

Img_0072


結局はウチのステンレス屋さんで天板と扉のステンを再製作して、やっと完成。

Img_0076

当たり前だけど、寸法はバッチリ&ヘアラインもキレイに出ています。

このステン天板が完成しなかった為にトイレの手洗いが使えないという状況だった
のですが、ウチの工事終了と入れ替わりに設備屋さんが手洗い器の設置工事を
して夕方には無事終了のはずが。




しばらくするとトイレから「あっ!」という設備屋さんの声が…。
「まさか、天板にキズいっちゃたのかなぁ」なんて恐る恐る覗いてみると



正面のミラーが割れていました(泣)。

Img_0077

ミラーから水栓が出ているという変わったデザインなのですが、水栓を固定する
ために締めこんでいたところ、パキっと亀裂が走ったらしい。

これ、「あるある」な失敗です。 家具屋の場合だと、家具扉全面にミラーを貼って
そこにツマミを付ける際に締め込みすぎて、ミラー破損というケースが多かったり
します。

こうなってしまうと設備工事どころの問題ではなく、ミラーの貼り替え工事が発生して
くるわけで、また1週間以上手洗い無しの状況が続きます。
しかもこのミラー、左右のブリックタイルが被さっているためタイルも撤去しないと
いけないという泣きたくなる様な納まり…。

もう現場的にはこんな気持ちです。

3d47f8956541897291eb6fd73c6406b5_18

幸い、ウチの家具には全く絡まないので家具工事は完了ですが、最初のステンで
つまづいて以来、典型的な「負の連鎖」状態です。

さて、WCもいよいよ準々決勝です。 
応援していたチリ&メヒコは残念ながら敗退してしまったのでコロンビアとアルゼンチン
押しでいこうと思います。 今夜も眠れない。

敗退したチリ代表を迎えるチリ国民

まさに「国家の英雄」って感じで、カッコ良すぎて泣けてきます。

チリ代表というと、サモラーノ&サラスがいた頃が全盛期のイメージでしたが
今回の代表も凄かったです。なんか「本気の度合い」が日本と違うんだよなぁ。

サッカーに限っていえば、こんな国に生まれたかったと切実に思います。


« 黒い家具 | トップページ | スニーカーの寿命 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ