« 幸せの… | トップページ | 和紙の魅力 »

2015年4月17日 (金)

間にあうのか??

某有名スポーツブランドのフラッグシップ店。

明日引き渡しなのにこんな状況です。
50人以上のいろんな業種の職人、複数のデザイン担当者、ブランド側の
外国人など入り乱れています。
大阪からも業者が来ていて、関西弁、標準語、英語が飛び交う空間。
引渡し前日のこの状況でも、容赦なく変更が指示されます。

1f

B1f

ウチは先月から取り掛かっていたのですが、デザインに関する権限が
ドイツの本社にあるらしく、図面承認がありえないくらい時間がかかり
工事が遅れまくった結果、最終的にこの状況です。

家具に関しても、質疑を出して回答来るまで2週間(泣)。
後半は連日深夜まで仕事して、なんとか全て納期内に納品。

長さ4メートル、厚み10センチのウォールナット突板のカウンター。

Photo

納品後にデザイナーの気まぐれで、急遽プラン変更。
ゴミになりました(号泣)。 

もちろん見積りどおりの請求は起こすので、金銭的な問題は無いのですが
精神的にガックリきます。
変形の壁に合わせて、型を取ったり、木目あわせに神経使ったりした苦労
が全く報われずに終わりました。


こちらは、木下地スチール黒皮仕上げのテーブル。

Photo_2


当初ウォールナット仕上げの予定が急遽スチール貼りに変更。
納期が間に合わないので、同時進行で製作して現場で接着という
変則システム。 
ウチと鉄工屋、僕の書いた図面寸法のみを頼りに誤差0.5㎜以内を目標に
作ったので、現場で合わなかったらヤバイ状況だったのですが、奇跡的に
ピッタピタのこれ以上無い合致具合。

その他、諸々製作したのですが、写真なんか撮ってる状況では無いので
自分の担当する仕事を終えて、早々に退散してきました。

現場にいる全ての人間が、引渡しに間に合わない事を理解しつつ
開き直るしかない雰囲気。
焦りを通り越して、和気あいあいとしています(笑)。

来週のショップオープンまでには、死ぬ気で終わらせるんだろうけど
自分が現場監督だったら精神的に持たなそうです。




« 幸せの… | トップページ | 和紙の魅力 »

DECADE  トップページへ

無料ブログはココログ